京都風俗求人の心温まる体験

京都風俗の求人に応募した女性の体験談

風俗店での苦難

私は京都風俗求人に応募した18歳の頃から風俗業界で働いてきました。今は25歳となり大人の女性として京都の風俗で働いています風俗業界で7年も働いている私はベテランと呼ばれる域に入っているのですが、まるで新人嬢のように優しく接してくれるダンディなおじさんがいます。彼の名前はTさん。私がお店に勤め始めてから今まで毎月のように楽しい時間を過ごしてきた彼とは何か特別な絆で結ばれているかのようでした。

Tさんが初めて訪れたのは私が18歳の頃、風俗という職業に少しだけ嫌気がさし始めた頃でした。働き始めはお金のためと割り切っていたのですが、お金さえ払えばあとは女を自由にできると勘違いした男が多く、無茶な要求ばかりしてきたのです。女にとって性的なサービスはやはり感情がなければ難しいものであり、性欲を満たすためならどんな女のことだって欲求を満たすことの出来る男とはそもそもの考え方が違い、1か月経たずして風俗店を辞めてしまおうとさえ思っていました。

京都風俗で優しいお客さんに恵まれる


そんなとき私を指名してくれたのがTさんです。Tさんは当時20代後半でしたが、まるで親が子に接するように父親の温かいまなざしで私に接してくれました。Tさんの優しさに満ち溢れた対応を味わった私は思わず涙を流して、戸惑うTさんをよそに一方的に風俗で働くことに対する不満をぶつけました。Tさんは最初こそ私を泣き止まそうと背中をさすってくれましたが、真剣なトーンの私の悩みに身体に触れるのを止めて黙って親身になって話を聞いてくれました。

私が不満をぶちまけるとTさんは目を瞑って考え出して、私を傷つけないよう遠回しに私の考え方を考えさせようと注意しました。当時反抗的だった私でしたが、オブラートに包まれたTさんの言葉は自然と身体に入っていき、不思議と受け入れることができたのです。Tさんは私に「ハナからお客さんのことを好きになろうとしていない」ということを暗示させてくれました。確かに私はお金を払ってまで性欲を満たしにやってくる男性を見下しており、そのため愛情を持って接することができずにいたのです。初めて京都の風俗求人に応募して良かったと思いましたね。

京都風俗求人に応募した店で天国と地獄を味わう


Tさんに諭された後の私は今までの接客態度が嘘のように激変し、京都の風俗にやってくるお客さんにたいして愛情を持って接するようにしました。具体的にどんなことをしたのかと言えば、お客さんのことを知ることで愛情を持って接してあげるようになったのです。私の生まれ変わった姿は京都の風俗を利用する男性に好評でリピーターが後を絶えず、私はたちまち大人気風俗嬢になりました。京都風俗求人に応募して最も稼げていた時期だと思います。

しかし、今度は別の問題が発生するようになりました。それは、お客さんが本気で私のことを好きになってしまうということです。連絡先を聞いてくる行為はお店で禁止されているにもかかわらず、ガンガン聞いてきてお客さんを傷つけないようにやんわりと拒否しても、そういうお客さんはしつこく聞いてきます。私がお店に報告するというと止めてくれますが、その後の接客を行う時間は感情の交わりのない味気ないものとなってしまうのです。そのうち指名する男性も減っていきましたが、Tさんが私のことを心配してきてくれました。このとき人の温かさに触れて心が穏やかになることができたのです。