大津風俗求人に応募した女性

大津の風俗求人に応募して出稼ぎとして働く女性

宮城県の仙台出身の24歳、県内の老舗デパートで働く新卒二年目の私ですが人生最大のピンチを迎えています。そのため大津風俗求人に応募して出稼ぎとして働いているのですが、その顛末について書いて行きましょう。

色々な悲劇が降りかかる

大学4年生時に100社以上も企業を受けるという苦悩の就職活動の末何とか内定をもらうことができて社会人になれたのですが、明日から二年目に突入しようかという日に私の勤め先であるデパートが3か月後に倒産することが決まってしまったのです。

更に悪いことはたて続きに起こり、シングルマザーとして私の人生を支えてくれていた母親がデパートの倒産が決まった10日後に倒れてしまい、私は実家である仙台へ戻らなければならなくなりました。東京で就職活動を考えていた私にとって大きな痛手であり、お金の面でも不安を抱えるようになってしまいました。それが大津風俗求人に応募するきっかけになったように思えます。

条件の良い大津風俗求人


デパート閉館二か月前に仙台へと戻った私は母親の看病をしながら仕事を探していたのですが、理想的な求人に出会うことができずにデパートに勤めていた二年間の間に貯めた貯金を切り崩しながら生活をしていました。幸い母は一か月もすると元気になったのですが、病院で入院し続けるためにはお金が必要で、私は手っ取り早くお金を稼ぐために風俗で出稼ぎとして働こうと決意したのです。

風俗で働くなら仙台の方が良いと思いましたが、滋賀県にある大津風俗求人を見ていると二つの事に気が付きました。ひとつは店舗の種類が少ないということです。仙台ではどの場所でピンサロやソープを行っても自然と人が集まるのですが、大津ではそういうわけにはいかずお店がお客さんのところへ移動するデリヘル店が多かったのです。そう考えると風俗出稼ぎの方がばれにくいとも考えました。もうひとつは給料が仙台と比べると同じぐらいの額を貰えることができ、むしろ待遇の良い大津の方が働きやすいことに気が付きました。この理由として地方は若い女性がみんな東京に出て行ってしまうので集まりにくいことが挙げられます。そのため若い女性をデリヘルに在籍させ続けるために高待遇で女性を募集しているそうです。

大津のデリヘル店で仕事スタート


私は大津風俗求人の中でも高待遇のデリヘル店を選び早速、店舗へと電話をかけてみることにしました。これをもって風俗における出稼ぎをスタートさせたのです。電話で話したところ、選考方法に面接はなく、体験入店を行い、本人の意思と客の反応で採用か不採用かを決めると言われました。

いきなり接客を行うことに抵抗はあったのですが、体験入店でも給料は保証してくれるとのことだったので私はデリヘル店に体験入店をすることにしました。電話をした翌日、母のお見舞いを済ませた私は、覚悟を決めて大津のデリヘル店へと赴きました。